歴史・文化

さぬき市歴史民俗資料館
さぬき市歴史民俗資料館

みろく自然公園内にある「さぬき市歴史民俗資料館」は周辺地域の特色ある考古や歴史、懐しい民俗資料をわかりやすく系統的に展示しています。

三角縁神獣鏡
三角縁神獣鏡

昭和47年、ゴルフ場建設に伴う発掘調査により寒川地区 奥3号墳の石室から出土した。

富田茶臼山古墳
富田茶臼山古墳

富田茶臼山古墳はみろく自然公園から北方を見下ろす位置にあり、全長139メートルの四国最大の規模を誇ります。

平賀源内
平賀源内

平賀源内は独創性に富んだ多彩な能力を発揮し、本草家として、発明家として、またあるときは文芸家として、美術家、そして大山師(鉱山家)として活躍しました。

当願堂
当願暮当の物語

桓武天皇(781~806)の頃、志度に住んでいた当願と暮当という猟師兄弟の物語。

旧恵利家住宅
旧恵利家住宅

17世紀末に建築された香川県内最古の農家住宅で、国の重要文化財に指定されています。この建物は、大川町新名という地域にありましたが、平成13年に現在の場所に再移築されました。

津田湾古墳群
津田湾古墳群

津田湾古墳群とは、日本の歴史のなかで「謎の4世紀」を解明する貴重な歴史資料であり、古墳時代の縮図であることから、全国の研究者からも注目されている非常に重要な古墳群です。

海女の玉取り物語
海女の玉取り物語

志度寺境内にウバメガシに覆われひっそりとたたずむ五輪塔は、海女の墓と伝えられています。

竹林庵
竹林上人

竹林上人は宝暦八年三木町井戸村白羽に生れた高僧。平賀源内より三十年ほど後の人で、平賀の自由奔放な活躍とは正反対に、常に粗末な衣食に甘んじ、身を修め、こつこつと仏の道を説いた聖僧です。

細川家住宅
細川家住宅

標高400メートルのところに立てられた細川家住宅は、18世紀初期の民家の姿をとどめる典型的な農家建築です。

フォトコンテスト (2)
2017さぬき市ええところ写真コンテスト

~カメラ片手にさぬき市内を旅しよう~
あなただけの「さぬき市のええ写真」を今年も募集します!
応募締切:平成29年10月20日(金)当日消印有効

Copyright© 2006-2017 さぬき市観光協会. All Rights Reserved.